とあるサラリーマンから話題の中学生プロと対戦するまでの近道。大人への近道

2017.06.15 Thursday

0

    こんにちは。将棋を世間に広めたい会の会長の、最卿です。

     

    本日は、サラリーマン棋士の瀬川先生と、

    藤井プロ四段とのC級順位戦が組まれていると聞きます。

    高速道路を使いタクシーで名古屋に移動してる最中にしりました。

     

    え?もう始まってますか?ああ、そうですか。それはそれは楽しみですね。

    それでは、まず筆者が想像するサラリーマン棋士の姿を述べます前に瀬川先生の紹介を。

     

    瀬川さんについては横浜市出身で、神奈川大学の法学部法律学科卒業の

    リーガルマインドを御持ちで養成機関を出たあと、アマ名人王将を獲得し、

    米長会長(当時)肝いりの特例試験によりプロとなったことくらいしか記憶にないですが、

    脱サラ独立開業の一つの前例と言えるでしょう。女流を除く普通のプロ棋士は個人事業主ですから。

     

    これらの当時の議論はさておき、瀬川さんは立派に正当に棋士の道を目指してきたわけです。

     

    私が考えるサラリーマン棋士とは、仕事の終わりにちょっと飲みに行く代わりに将棋バーなり

    将棋カフェに行き、そこのお胸の大きな指導棋士の女性の(※女流ではない)お姉さんに優しく

    親身に指導してもらってる間に、将棋界、将棋そのものにどハマりして解説会などにも行くようになり、

    さらには将棋の定跡書などを買ってしまったりして、さらにはネットで将棋選手として差し出すようにもなる。

     

    そんな中で生まれた一部のエリートサラリーマンが、よっしゃ開業独立するかとプロの道を叩くときに

    九段の先生のところへいき、内弟子としてもらい、ラーメン店ののれんではないですが、数年の修行の内に

    プロ編入試験の資格を取り、プロへの道を歩み始めるのだと思います。

     

    前回の記事ではないですが、養成機関の挫折者と社会人として考える力のあるエリートたちが

    飲食店の開業のノリで難なく大人からプロへと至るような将棋社会。それは理想的だと思います。

     

    しかしながら、昨今の将棋界は幼少期からのトレーニングが必須です。

    いつかやり直せるときがくる為にも、将棋の文化、将棋の勉強をしてみませんか?

     

    当会では、誰でもアマチュアでも35歳までにやり直せれば、考えを修正できれば

    わずか3年で奨励会三段レベル、あるいは誰でもどんな地点でもアマチュア三段免状を取得可能な

    そんな将棋社会を思い描いています。

     

    文責 会長代理 佐藤

    将棋の棋力が何らかの職業能力開発に資する可能性に関して簡単に説明します

    2017.06.14 Wednesday

    0

      最近、話題の最卿です。見る将棋ファン、いわゆる見る将なるものが存在しますが、

      そういう存在に対して否定的な見解を持つ業界関係者がいるとの報告を受けました。

      そのこと自体は確かに考えられます。見るだけでなくどうか指してくださいと思いますから。

       

      しかし、どうやら中にはこの俺が指導してやるんだという態度を隠さない不届きものがいるようです。

      そういう人は挫折した養成機関の方々なわけですが、将棋のプロになり土日に企業の方々と交流したならば、

      自分の愚かさが分かるのだろうとは思います。

       

      君がね凄んでる相手は企業の重役クラス、スポンサーレベルの人なんだよとそれこそ指導してあげるべきだが、

      誰とは言わないがネット掲示板で暴れまわっている非理事のお歴々は現実社会での実務経験のない挫折者である。

       

      冒頭から暗い話になり常連の読者の方々には申し訳ないが、

      明日はそういうものの筆頭たる某アマチュア上がりの弔いでもあるし、

      何より嫉妬にまみれた欲情の挫折者でメディア業界を目指すにしても能力も気概も礼儀もない

      将棋村の癌のようなものに与える言葉はない。

       

      そこで話を変えます。今後そういうものがいたら私のところへ報告せずに直接ツイッターなどで

      暴発させるなり炎上させるなりしたらよいのではとは思います。もう私は見限りますので。

       

      ところで。

       

      私の隣に座っている女の子が、私がカフェで将棋ウォーズの棋神と悪戦苦闘しているのを見て

      私もあんな風に何かに熱中したいというようなことを母に言っていました。

       

      微笑ましい光景でした。母親と少し話題の藤井くん関連からの将棋について話したのですが、

      小学生などには将棋は大人気なようで、何から始めようか、うちの子も学ばせてみようかと

      いきようようと目を輝かせていました。私は振り蔵なので振り飛車のみをおススメして店を後にするわけです。

       

      さて。

       

      確か渡邊先生だったかと思いますが、ソースは忘れましたが、

      将棋が現実の何かに役に立ったことは一度もないと言い放ったことがあります。

       

      また糸谷先生は、将棋界は斜陽産業だと四段のパーティの席で言い放ちました。

       

      これらの意識に共通することとして、将棋をただ指していても将棋産業は盛り上がらないのでしょう。

      そうであるならば、まずはレベル別のアマチュア向けのプログラムを公式に用意すべきだが、

      既存のアイディアで十分なので、自分が気に入る戦法の指し手、継承者を増やすことに心力しよう。

       

      そう強く思い返した14日の昼頃でした。決戦は17日。棋聖戦とアマプロ対抗戦、

      両方の記事をわたくし、最卿が書きますので、ご期待くださいませ。

       

      文責 会長代理 佐藤

      【天王山の決戦】2017年6月17日の朝日OPで藤井プロ四段が東大の学生名人に負ける可能性があるのか?

      2017.06.12 Monday

      0

        こんにちは。会長の最卿です。

         

        さて、さっそくですが、きたる2017年6月17日、夏の始まり、

        藤井プロ四段(名古屋大学付属中学在学)が25連勝?とか何とか…。

         

        凄いですねえ。2018年の朝日の就職キーワードの本を読みましたなら、

        話題の人としてバッチリとメインで紹介されていました。

         

        そこでは簡易的に、小4から養成機関に入り5年足らずでプロになったこと、

        普通は、通常は10年ほどでプロにはなれることなどが書いてありました。

         

        中学生でのプロ入りは5人ほどいますが、その記録は62年ぶりの更新で

        史上最年少でのプロ入りと相成りました。

         

        確か史上最年少のタイトル獲得者は屋敷九段、現在のA級でありまして、

        屋敷さんは競艇にはまり苦労なされた方だとお聞きはします。

         

        しかしながら、屋敷九段は順位戦A級で今もトッププロとして戦っており、

        燦然と輝く将棋界の歴史に彩りを添える目覚ましい安定感を見せております。

         

        こうした記録ですが、誤解を恐れずに正直に述べたならば、

        恐らくはあらゆる最年少記録を藤井プロ四段が更新するでしょう。

         

        そうです。あの19歳で名人になった谷川さんの記録すら…

        (※訂正:谷川さんは21歳で名人を獲得して預かりました…苦笑)

        ん?スケジュール的に無理なのかな…。

         

        だって藤井プロは10月1日でプロ入りしたので順位戦参加が1期遅れている

        ここをどう見るのか。藤井プロ程の連勝者、勝利者がこういうところで…。

         

        いやーそんなことは良いんです。とにかく藤井プロの正念場は5日後。

        東京大学生たる学生名人(アマ)に負けることが万が一でもあるのだろうか?

         

        かつて米長永世棋聖(故人)はこう述べました。

         

        あいつ(※兄)は頭が悪いから東大へ行った。

        僕は頭が良いから棋士になった。

         

        参考:将棋を指すと頭が良くなるのか?

        http://shogifukyu.jugem.jp/?eid=7

         

        ご清聴ありがとうございました。 文責 会長代理 佐藤

        【夏の将棋講座予告】アマチュア流で爽快にプロ将棋を撃破、飛車香車(右)落ちを研究してみよう

        2017.06.05 Monday

        0

          こんにちは。将棋を世間に広める会の会長の最卿です。

           

          今回はアマチュアの方々でも指しやすい感じで、

          あくまで感じで、爽やかに、そして爽快にプロ将棋を撃破して魅せましょう。

           

          もちろん!平手でプロを倒すことは不可能に近い。

          トップアマですら下位のプロに2割勝てるかどうかという地合いなのです。

           

          そこで、駒を2枚は落としてもらって正々堂々とプロ将棋を撃破してみせます。

           

          それではまずは夏の今講座のメニューを紹介します。

           

          第1講 【序盤戦術】4手目までの指し手を必ず固定化させる考え方のヒント。

          第2講 【対局心理】飛車香車落ちの先生側の心理から見る特性とアマ対策。

          第3講 【礼儀礼節】駒落ちで先生に本気を出させる方法の研究。

          第4講 【学習強化】飛車香車落ちの既存の定跡の再検証論。

          第5講 【応用実験】ソフトを用いて棋譜を応用的に修正する可能性について。

           

          少し最後の方は難しくなるかもしれませんが、夏だけにやってしまいましょう。

          爽やかに駆け抜けていきましょう。ではご期待くださいませ。使用ソフトは激指10の予定です。

           

          予告。飛車香車落ちにおいては上手が何をさしても、

          2手目は△5六歩!と指して4手目は△7六歩!と指します。

           

          名付けて…アマチュア流夢幻中飛車、セントラルワールド!!

           

          ご期待ください。 文責 会長代理の佐藤

          第88期棋聖戦番勝負第一局の感想になります。

          2017.06.01 Thursday

          0

            誠に申し訳ありませんが、当会の会長はフォーカス司会で乃木坂46たるアイドルの、

            伊藤かりんよりも美しい女子としか会話しませんので。無駄なことは無駄ですのよ…。

             

            6月から体制を一新しました。新たな素敵なメンバーを紹介します。会長は相変わらず最卿ですが。

            登場しろ、将棋モンスター女子の伊藤由依だああああ!

             

            伊藤女史は、ノーマル三間飛車の使い手です。そんなギャルたる伊藤バンギャではなく伊藤ガラシャ?いやいや

            伊藤勇者?いやいやいや伊藤ゆいふるにですね。少し早いゆいふるの夏休みをとってもらって解説をお願いしました。

             

            羽生さん?序盤8四歩だよね。やはり。中盤?7五歩は手抜けないよね。いけず。終盤?歩成りだよね。ならず。

             

            はい、見所はですね。羽生さんが信念の8四歩を採用して頂いたことで終わっていました。

            これは渡辺でーす、あるいは郷田でーすという突撃の手ではなく信念の手ですが、とにかく満足でした。

             

            そこでシンタローさんは飛車を振れない。飛車を振らない若造に俺たち振り蔵の気持ちが分かるかあああ。

            斎藤棋聖挑戦者さんよお、飛車を、飛車を振っては頂けないんでしょうか。僕たち、私たち振り飛車党は、

            新たな若手のエースを欲しています。藤井四段は居飛車党ですから振り飛車は一切指せません。ぴしゃ…

             

            歩は?歩は足りないことが多いかもしれません…。

             

            さて、やはり足りない中盤戦では7五歩を手抜いてしまいましたヵー。あららのらの歩…。

            これを手抜いてしまうようでは私は駄目だと思いましたが、しかしこれを取るようでは将棋は指せない。

            つまるところ、ゆえに。この局面で羽生勝勢で終わり。7五歩を手抜いて歩を突くようではね。

             

            二度目の7五歩のところは知らんぞー。しらんぷりだあああ。

             

            終盤はですねえ。私のような弱卒が語るべきではないんです。じっくりと、いやゆっくりと

            羽生さんの勝ち将棋の恐ろしさ、そして斎藤棋聖挑戦者の一手も間違えさせないような迫り方

            そのトッププロの技巧を感じたいのに、横から五月蠅いタニマチのようなものが口を挿むべきではない。

             

            黙るなら、将棋を指そうぜ、将棋ウォーズ。泣かぬなら、泣くまでまとう大阪条ホール。

             

            夏だ、夏の大阪で乃木坂46のコンサートがあるそうですよ。※チケットはほぼ埋まり、一般発売に期待。

            乃木坂46と言えば、伊藤かりんさんが所属する、あのフォーカスの司会のかりんちゃんが所属しているそうですが。

            冒頭の伊藤女史とは関係ありませんし冒頭の子は伊藤家の恥とされている豚ですから叱ってやってくださいな。

             

            7三銀!どうだ!これで王手だ! 文責 会長代理

             

             

            復活祭。将棋を世間に広める会は6月より生まれ変わります

            2017.05.20 Saturday

            0

              大変長らくお待たせしました。

               

              当会は6月より人員を刷新し、‘団螢織ぅ肇訐錣離譽檗璽函↓⊂棋女子が免状三段を取得するまでの体験談、振り蔵youtuberの育成、ご存の女流プロが関わらない形での女流将棋棋戦新設の為の活動的コラム、ゥ▲泪船絅的定跡の考えの整備

               

              これら5点に絞って活動していきます。

               

              ・タイトル戦レポート

              ・免状三段への道

              ・振り飛車動画列伝

              ・女神戦新設活動

              ・アマチュア定跡整備伝

               

              ご期待ください。

              【敗北流サヨナラの意味】日本国の将棋連盟さんのコラムが当会のコラムと酷似している件

              2017.04.28 Friday

              0

                いやーはっはっはっ。会長が以前に書いた力作のコラムが当会のコラムと酷似しているとの報告がございました。

                しかしながら当会としては名誉にかかわる事でもないですし佐藤康光さんは紫綬褒章でおめでたいですから、謎

                我々としてはむしろ喜ばしいことだと感謝します。

                 

                ただ論点が少し変遷しているような気はするので当会の下記のコラムも併せてお読みください。

                 

                【将棋コラム】将棋における「負けました」を再考する

                http://shogifukyu.jugem.jp/?eid=11

                 

                まさに是非もなし