【最卿・将棋コラム】とあるサラリーマンから話題の中学生プロと対戦するまで

2017.06.15 Thursday

0

    こんにちは。将棋を世間に広めたい会の会長の、最卿です。

     

    本日は、サラリーマン棋士の瀬川先生と、

    藤井プロ四段とのC級順位戦が組まれていると聞きます。

    高速道路を使いタクシーで名古屋に移動してる最中にしりました。

     

    え?もう始まってますか?ああ、そうですか。それはそれは楽しみですね。

    それでは、まず筆者が想像するサラリーマン棋士の姿を述べます前に瀬川先生の紹介を。

     

    瀬川さんについては横浜市出身で、神奈川大学の法学部法律学科卒業の

    リーガルマインドを御持ちで養成機関を出たあと、アマ名人王将を獲得し、

    米長会長(当時)肝いりの特例試験によりプロとなったことくらいしか記憶にないですが、

    脱サラ独立開業の一つの前例と言えるでしょう。女流を除く普通のプロ棋士は個人事業主ですから。

     

    これらの当時の議論はさておき、瀬川さんは立派に正当に棋士の道を目指してきたわけです。

     

    私が考えるサラリーマン棋士とは、仕事の終わりにちょっと飲みに行く代わりに将棋バーなり

    将棋カフェに行き、そこのお胸の大きな指導棋士の女性の(※女流ではない)お姉さんに優しく

    親身に指導してもらってる間に、将棋界、将棋そのものにどハマりして解説会などにも行くようになり、

    さらには将棋の定跡書などを買ってしまったりして、さらにはネットで将棋選手として差し出すようにもなる。

     

    そんな中で生まれた一部のエリートサラリーマンが、よっしゃ開業独立するかとプロの道を叩くときに

    九段の先生のところへいき、内弟子としてもらい、ラーメン店ののれんではないですが、数年の修行の内に

    プロ編入試験の資格を取り、プロへの道を歩み始めるのだと思います。

     

    前回の記事ではないですが、養成機関の挫折者と社会人として考える力のあるエリートたちが

    飲食店の開業のノリで難なく大人からプロへと至るような将棋社会。それは理想的だと思います。

     

    しかしながら、昨今の将棋界は幼少期からのトレーニングが必須です。

    いつかやり直せるときがくる為にも、将棋の文化、将棋の勉強をしてみませんか?

     

    当会では、誰でもアマチュアでも35歳までにやり直せれば、考えを修正できれば

    わずか3年で奨励会三段レベル、あるいは誰でもどんな地点でもアマチュア三段免状を取得可能な

    そんな将棋社会を思い描いています。

     

    文責 会長代理 佐藤

    コメント
    コメントする