スポンサーサイト

2018.11.30 Friday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    将棋コラム 将棋の文化性とは何か?

    2016.09.08 Thursday

    0

      将棋は世の中に数多く存在するボードゲームの一つです。将棋が単なるゲームの枠組みを超えて文化性を有するとしたら、将棋は他の多くのゲームと違って何が違うのか、少し考えてみましょう。

       

      まずそもそも文化とは何でしょうか。我々が文化という概念を用いるときには大別して二つの意味があると言われます。1つには、社会の道徳、信仰、法律、風習などの生活様式という意味での文化です。2つには、人間によってつくられた価値体系としての芸術的指向という意味での文化です。この2つめの意味での文化は人間の創造性によって価値を付与され、人間生活を向上させる新しい価値を生み出すものだと言えます。

       

      つまり、文化とは人間が創造する新たな価値体系であるのです。それは美的な、精神的な、歴史的な、象徴的な価値を持ちます。このことがまさに文化的価値であり文化の意味になるでしょう。

       

      さて、それでは将棋の話に戻ります。将棋がいままで述べてきたような文化性、文化的価値を持つのでしょうか。生活様式としての文化の側面から考えると、将棋は古くは奈良時代の頃から始まり、江戸時代においては幕府の庇護を受けながら遊び方を発展、進化させ続けてきました。庶民であっても長らく親しむ遊びとして社会性を持ちえています。芸術的指向という意味での文化としてはどうでしょうか。将棋というゲームの局面数はおおよそ無限に近いです。そうしたゲームの構造において今もなお新しい戦い方、局面が生まれ続けているのです。人間の創造性を具現化させるものとして将棋には芸術的指向としての文化的価値が認められるのではないでしょうか。

       

      このように将棋は社会に広く根付いた生活様式の枠組みを織りなすものであり、将棋を指すことは心の足しになるような豊かな精神的活動であるとも言えます。そこから生まれる構造的な局面は、ある種の美的な文化的価値をも有するでしょう。将棋の文化性とはすなわち、人間の創造的精神の象徴的発露であるのです。

      スポンサーサイト

      2018.11.30 Friday

      0
        コメント
        コメントする